松山市 婦人科 産婦人科 梅岡レディースクリニック 産科 出産 不妊治療 フリースタイル分娩

〒790-0052
愛媛県松山市竹原町1丁目3-5

089-943-2421

メニュー

  • HOME
  • 不妊治療の流れ
不妊治療の流れ

不妊治療をするためには、まず「原因は何なのか?」をつきとめる必要があります。原因が分からないままでは患者さまに合った治療が行えず、いたずらに時間やお金をムダにすることにもなりかねません。そして、不妊の原因は、まず女性に・・・と向けられることが多くみられますが、男性側にも原因があることがあります。ですから、様々な検査を通して排卵・受精・着床の問題をひとつひとつ調べ、不妊の治療方法を決定していきます。

問診

医師による不妊の状況や病歴などについての質問をお伺いします。
(生理の周期、量、痛み、妊娠・中絶・流産の有無、過去の不妊治療歴、既往歴、薬の服用歴など)

基本的不妊検査
基礎体温
病院で受ける検査ではなく、ご自身で毎朝体温を測るものです。
>>基礎体温表のダウンロードはこちらから
超音波検査
膣内に超音波装置を入れることにより、卵胞のサイズや発育を確認したり、子宮内膜の厚さや画像パターンを観察したりします。
尿検査
尿中の黄体形成ホルモン濃度を測定し、排卵日を推定する検査です。
血液検査
月経周期にあわせたホルモン検査と、その他(甲状腺、クラミジアなど)の検査です。
精液検査
男性側に不妊原因がないかどうかを調べる検査です。
卵管造影検査
卵管の通りを調べる検査です。
タイミング指導

基礎体温、超音波検査、尿検査から排卵日を予測し、夫婦生活のタイミングをあわせる指導です。

ステップアップ(目安 6周期)

人工授精(AIH)

排卵のタイミングに合わせて精液を直接子宮内に注入して、妊娠の可能性を高める治療法です。

ステップアップ(目安 6周期)

体外受精(IVF)

卵子と精子を対外で受精し、受精した卵を子宮内に戻し、無事に着床できるように促す治療法です。

体外受精(IVF)

顕微鏡下にて、卵子の細胞質内に直接精子を注入する治療法です。
当院では実施できないため、他院へ紹介いたします(IVF適応者の一部の方)。

  • 医療の介入度の低い順にステップアップ方式で治療を進めます。
  • ある程度の期間試しても結果が出なければ、その治療方法で妊娠する可能性は低いと判断し、次の治療のステップアップへと進むことを検討します。
  • 年齢、不妊原因、不妊期間、過去に受けてきた治療方法などによっては、AIHやIVFからスタートせざるをえないというケースもあります。
  • どこのステップからスタートさせ、どこのステップまでを、どの程度試すのか、それを最終的に決めるのはご夫婦自身です。