松山市 婦人科 産婦人科 梅岡レディースクリニック 産科 出産 不妊治療 フリースタイル分娩

〒790-0052
愛媛県松山市竹原町1丁目3-5

089-943-2421

メニュー

ピル

避妊目的(OC)

ピルを内服することで、主に3つの作用により妊娠を防ぎます。
・排卵を抑制します。
・受精卵が着床しにくい状態をつくります。
・精子が子宮に入りにくい状態をつくります。

<利点>
・高い避妊効果です。
・女性主導で避妊を行うことができます。
・避妊効果以外の副効果があります。

<副効果として>
・月経困難症(生理痛)が軽減します。
・月経血量が減少し、貧血が改善します。
・月経周期が安定します。
・子宮外妊娠・卵巣嚢腫が減少します。
・子宮内膜症の症状や進行を抑制します。
・様々な疾患のリスクを低下させます。
(子宮体癌・卵巣癌・良性の乳房疾患・大腸癌・骨盤内感染症など)
・ニキビが改善する方もいます。

<欠点>
・毎日飲み続ける必要があります。
・頻度は低いですが、血栓症、心筋梗塞、乳癌のリスクがわずかに高まる可能性があります。

<取り扱いの種類>
・トリキュラー28  1か月分 3,000円  3か月分 5,500円
・マーベロン21   1か月分 3,000円  3か月分 6,600円

緊急避妊薬(アフターピル)

避妊に失敗したとき、または避妊をしなかった性交後、緊急に避妊を行う時に用いる薬です。
性交後72時間以内に内服をする必要があります。
診察時間内におこしください。
費用は15,000円 ジェネリック薬 8,000円(自費診療)

<使用上の注意として>
・この薬は妊娠を完全に阻止できるものではありません

<リスク・副作用について>
・妊娠中・肝臓に重篤な障害がある方は使用できません。
・内服後も妊娠する可能性がありますので適切な避妊の手段をとってください。
・授乳中の方は24時間、授乳を避けてください。
・内服後に、月経のような出血が現れることがあります。また不正子宮出血や頭痛、吐き気、倦怠感、眠くなるなどの症状が現れることがあります。その場合は医師にご相談ください。

※ページ内に表示されている金額は全て税込みか非課税です。

月経困難症の治療薬(LEP)

準備中

更年期のホルモン補充療法薬(HRT)

準備中